海外FXを使うと、

・ハイレバレッジ
・追証なし

といったメリットがあるので、
ギャンブル的に一発勝負をして
大きく稼ごうと考える人がいます。

 

ですが、残念ながら、
海外FXでギャンブルをしても
無駄に終わる可能性が高いです。

仮に一発勝負に成功しても、
利益を取り消されるか、
出金拒否をされる可能性が高いです

 

では、なぜ海外FXを使って
ギャンブルトレードをすると、
このような事が起きるのでしょうか?

その理由について
今回はお伝えしていきます。

 

海外FXでギャンブルをしても無駄な理由

海外FXでギャンブルトレードをしても、
利益を取り消されたり、
出金拒否をされる理由に、
ゼロカットを利用した
トレードをする事が多いからです。

 

ゼロカットとは、
ポジション保有中に暴落などで
万が一、自己資金以上の損失を出して
口座残高がマイナスになった場合、
マイナス分を補填してくれる制度です。

つまり、FX業者に対する借金を
ゼロにしてくれるわけです。

 

実際に2015年に
スイスショックがあった際に
ユーロスイスで取引をしていた人達は
大暴落に巻き込まれて、
口座残高がマイナスになる人が続出しました。

 

よって、国内FX業者を使っていた人達は
数百万~数千万の借金を背負ったのですが、
海外FX業者を使っていた人達は
ゼロカットによって
この借金を逃れることができたのです。

その為、海外FXを利用すると、
万が一のことがあっても、
最大損失は自己資金だけになるので、
リスクヘッジになります。

 

しかし、このゼロカットですが、
マイナスの補填分は、
FX業者側が負担しています。

ということは、これは単純に
FX業者側の損失になります。

 

だから、窓開けを狙ったり、
大きく動く指標を狙ったりする
一発勝負のギャンブルトレードを許すと、
毎回ゼロカットによって
損失補填が発生するので、
FX業者の損失がどんどん膨らんでいきます。

 

こうなると、
業者側の経営をどんどん圧迫していき、
最悪、倒産なんてことにもなりかねません。

 

このような事態を防ぐ為に、
海外FX業者を使って
ギャンブルトレードをしても
利益が出た際には取り消されたり、
出金拒否されてしまうのです。

しかも、最悪、
ゼロカットによって出たマイナス分を
請求されることもありますからね。

 

ギャンブルトレードの具体的な方法は?

海外FXのゼロカットを利用して
ギャンブルトレードをする場合、

・窓開けを狙ったトレード
・指標を狙ったトレード

この2つがあるわけですが、
具体的な方法は
どうなっているのでしょうか?

 

窓開けを狙ったトレード

FXでは月曜朝一に
窓が大きく開くことがあります。

その為、この窓開けを狙って、
ギャンブルトレードができます。

 

この方法はまず、
金曜の終わる時間直前に
フルレバでエントリーして
月曜にポジションを持ち越します。

そして、月曜朝一で窓が開いた方に
ポジションを持っていれば
大きな利益となるので1発勝負ができます。

 

逆にエントリーとは反対方向に窓が開いて、
ロスカットになったとしても、
ゼロカットによって
マイナス分が補填されるので、
損失は自己資金だけに限定されます。

 

例えば、金曜の市場終わり直前に
資金20万円で100万通貨の
エントリーをして持ち越したとします。

そして、月曜朝一に
その終値から上に窓が
50pips開いたとしましょう。

 

この場合、国内FX業者だと、

・成功:+50万の利益
・失敗:-50万の損失

となるので、失敗すると、
口座残高が-30万になり、
このマイナス分を支払う必要があります。

 

一方で、海外FX業者だと、

・成功:+50万の利益
・失敗:-50万の損失

となるのですが、失敗した場合、
-30万はゼロカットによって
補填されるので、
マイナス分は支払う必要がありません。

 

その為、この方法を繰り返していけば、
資金がどんどん増える可能性が高く、
勝率の高いギャンブルトレードが可能になります。

 

指標を狙ったトレード

指標を狙ったトレードも、
原理は窓開けを狙ったトレードと同じです。

 

例えば、雇用統計など、
大きく動く指標発表の直前に
フルレバでどちらかに
ポジションを持っておきます。

 

これによって、指標発表で
大きく動いた方向へ
ポジションを持っていれば
大きな利益になるし、
逆ポジションを持っていたとしても、
ゼロカットによって
損失は自己資金だけで済みます。

 

このように、
海外FXのハイレバレッジを利用すれば、
一発勝負のギャンブルトレードができ、
しかも勝率の高い
ギャンブルトレードとなります。

 

今ではギャンブルトレードは禁止されている

上記では、海外FXを利用して、
ギャンブルトレードをする方法を
紹介してきました。

 

しかし、今では、

・窓開けを狙ったトレード
・指標を狙ったトレード

というのがFX業者側で禁止されています

 

これは利用規約にも
ちゃんと記載されています。

その為、このような
ギャンブルトレードをして利益を出しても、
出金時に利益を取り消されて
出金拒否をされます。

 

しかも、最悪、口座凍結になるので、
こうなってしまうと、
二度と使っている海外FX業者で
トレードができなくなります。

 

だから、海外FXでギャンブルをして
一発勝負をしたところで、

・成功してもFX業者に出金拒否される
・失敗したら自己資金を全て失う

といった仕組みになっているので、
何をどうやっても負け戦になるのです。

 

海外FX業者でのその他の禁止事項

海外FX業者でトレードをする上で、
指標や窓開けを狙った
ギャンブルトレード以外にも、

・アービトラージ
・異口座、異業者間での両建て
・スキャルピング
・大ロットでトレードをする

といったトレードが
禁止されている事が多いです。

 

特にアービトラージや、
異口座、異業者間での両建ても、
ゼロカットを利用した両建てになるので、
FX業者側で確実に禁止されています。

 

しかも、両建てを使った
窓開けや指標トレードは
大きく動きさえすれば
確実に儲かりますからね。

かなり確実性の高い
ギャンブルトレードになります。

 

海外FXで禁止されている両建てについて、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
海外FXで両建てが禁止の場合とOKの場合は?禁止の理由とは?

 

逆に、スキャルピングや
大ロットのトレードは、
禁止している業者もありますが、
大体の業者ではOKだったりもします。

 

ただし、スキャルピングや
大ロットでエントリーする際は
カバ―先が対応できなくなるので、
前もって申告する必要がある場合もあります。

この申告をせずに
トレードをして利益を出すと、
ギャンブルトレードと同じように
出金拒否されるので注意が必要です。

 

でも、スキャルピングや
大ロットでのトレードに関しては、
FX業者によって、

・申告なしでもOK
・申告が必要

といった感じで分かれているので、
ここは前もって規約を読んで
確認しておいた方がいいです。

 

普通のハイレバトレードはOK

海外FXでは、
ハイレバで指標や窓開けを狙った
ギャンブルトレードは禁止ですが、
普通のハイレバトレードはOKです。

 

単純に、FX業者側に
損失を出させるようなことをすると、
NGなわけです。

だから、ハイレバで
普通にトレードする分には
特に問題はありません。

 

しかし、上述したように、
FX業者の中には
大ロットでのトレードを
禁止しているところもあるので、
その点だけは注意が必要です。

それに普通の場所で
ハイレバトレードをしたところで、
FXで稼げる技術がなければ、
単なる勝率の低いギャンブルになるだけです。

 

ハイレバレッジの本当の意味は、
リスクヘッジになる点なので、
ハイレバレッジの意味を
勘違いしないようにしましょう。

リスクヘッジになる理由を
詳しく知りたい場合は
以下の記事も参考にしてみてください。
海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

普通にトレードするのが一番稼げる可能性が高い

海外FXを使って
ギャンブルトレードをしても
基本的には無駄になるだけです。

むしろ、普通にトレードをしていた方が、
低リスクでトレードができるので、
結局一番稼げる可能性が高いです。

 

特に海外FXの場合、
ハイレバレッジやゼロカットに加えて、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったボーナスがあるので、
資金ゼロや物凄い少額の資金から
FXができるようになっています。

 

だから、トレード技術さえ磨けば、
海外FXでトレードをする事は
実は低リスクハイリターンとなる
可能性の方が高いのです。

それに、普通にトレードさえしていれば、
まず出金拒否されることもないので、
よりリスクが低くなります。

 

まとめ

今回は、海外FXを使って
ギャンブルトレードをしても
意味がない理由について
お伝えしてきました。

 

昔はゼロカットを利用した
ギャンブルトレードはできましたが、
そのせいで今ではできなくなっています。

しかも、ゼロカットを利用して
ギャンブルトレードをすると、
最悪マイナス分を請求される事もあるので、
やるだけ無駄になります。

 

逆に海外FXは、
正しい使い方をすれば、
物凄く使い勝手が良くなるので、
少ない資金からでも
大きな資金へ増やすこともできます。

だから、変に業者の隙を突こうとせずに
普通にトレードすることこそが、
一番確実に資金を増やす方法になります。