海外FXを利用すると、
ハイレバレッジで取引ができる上に
ボーナスやゼロカットといった
トレードに対するメリットがあります。

そんな使い勝手の良い海外FXですが、
月曜日の開始時間って、
いったい何時からなのでしょうか?

 

FXの場合、月曜日の朝一って、
窓が開くことがあるので、
そこにトレードチャンスができます。

その為、月曜日の取引開始時間は
実はけっこう重要だったりします。

 

そこで今回は、主要な海外FX業者で
月曜日の取引開始時間について
調べて比較してみます。

 

主要な海外FX業者の月曜日の取引開始時間は?

では早速、主要な海外FX業者の
月曜日の取引開始時間について
見ていきましょう。

 

因みに、今回紹介する
主要な海外FX業者は、

・FBS
・Gemforex
・XM
・Land-FX
・Titan FX

この5つの海外FX業者になります。

 

FBS

 

FBSといえば、
レバレッジ3,000倍の海外FX業者です。

レバレッジ3,000倍ってすごいですよね。

海外FX業者の中でも
トップクラスのレバレッジです。

 

仮にドル円が110円だとすると、
1万通貨のトレードをするのに
必要な証拠金はたったの366円です。

だから、1,000円あれば、
普通にトレードができるので、
用意する資金が最小限に済みます。

 

そんなFBSでは月曜日の取引開始時間は、

・夏時間:朝6時から
・冬時間:朝7時から

となっています。

 

 

Gemforex

 

 

この海外FX業者は、香港にある業者で、
レバレッジが1,000倍となっています。

FBSと同じく、
業界トップクラスのレバレッジですね。

 

仮にドル円が110円だとすると、
1万通貨のトレードをするのに
必要な証拠金はたったの1,100円です。

だから、Gemforexでも3,000円あれば、
普通にトレードができますね。

 

しかも、このFX業者は、
日本人によって作られた海外FX業者なので、
システムも日本人向けなので約定力が高いです。

また、サポートも日本人が対応するので、
意思疎通を完ぺきに行うこともできます。

 

そんなGemforexでの、
月曜日の開始時間は、

・夏時間:朝6時10分から
・冬時間:朝7時10分から

となっています。

 

Gemforex上のMT4は、
朝6時(7時)から動き始めるのですが、
取引ができるようになるのは
上記の時間となっています。

その為、月曜朝一でトレードをするには、
少し遅れてエントリーすることになります。

 

 

XM

 

XMといえば、
今や”日本人に人気No.1″
といってもいいぐらい
有名な海外FX業者です。

 

レバレッジも888倍ある上に、
日本人に人気があるだけあって、
入出金もしっかりしているので
安心して使える海外FX業者です。

しかも、
日本語でのライブチャットがあるぐらい、
サポートも充実しているので、
海外FX業者の中では
使い勝手がNo.1だと思います。

 

そんなXMでの
月曜日の取引開始時間は、

・夏時間:朝6時5分から
・冬時間:朝7時5分から

となっています。

 

 

Land-FX

 

 

Land-FXはレバレッジが500倍の
海外FX業者となっています。

このFX業者の一番の特徴は
スプレッドが狭いことです。

 

通常、海外FXの場合、スプレッドが
ドル円でも1.5ぐらいからなのですが、
Land-FXの場合は、0.9からとなっています。

その為、狭いスプレッドで
トレードがしたい人にとっては、
最適な海外FX業者となるでしょう。

 

そんなLand-FXでの、
月曜日の取引開始時間は、

・夏時間:朝6時5分から
・冬時間:朝7時5分から

となっています。

 

 

 

Titan FX

 

Titan FXはレバレッジ500倍の
海外FX業者となっています。

このFX業者も、Land-FXと同様に、
スプレッドが狭いのがウリです。

 

ただ、Land-FXほどではなく、
ドル円で1.1からとなっています。

それでも平均的な海外FX業者と比べると、
狭いスプレッドなので、
使い勝手がいいFX業者となっています。

 

そんなTitan FXでの、
月曜日の取引開始時間は、

・夏時間:朝6時から
・冬時間:朝7時から

となっています。

 

 

以上が主要な海外FX業者での
月曜日の取引開始時間になります。

 

再度、これらのFX業者の
月曜日の開始時間をまとめると、
以下のようになります。

夏時間 冬時間
FBS 6時から 7時から
Gemforex 6時10分から 7時10分から
XM 6時5分から 7時5分から
Land-FX 6時5分から 7時5分から
Titan FX 6時から 7時から

 

上記の月曜開始時間を比較すると、

1位:FBS
1位:Titan FX
3位:XM
3位:Land-FX
5位:Gemforex

となっているので、
もし、月曜朝一から
トレードをしたいのであれば、
FBSかTitan FXがいいですね。

 

月曜朝一はスプレッドが広がる

月曜朝一の取引開始時間は、
FX業者によって少し違います。

ただ、開始時間は少し違いますが、
月曜朝一でトレードをする場合、
全てのFX業者でスプレッドが広がります

 

しかも、スプレッドが広がっている時間も
開始後10~30分以上、
広がっていることもあるので、
トレードをするとなると、
開始時間の早かろうが遅かろうが
そこまで変わらないと思います。

 

因みに、私自身が実際に使ってみて、
月曜日のスプレッドの広がりが
狭いと感じた順番としては、

1位:XM
2位:Gemforex
3位:FBS
3位:Land-FX
3位:Titan FX

となっています。

 

一応、順位付けはしましたが、
正直、ほとんど変わらないと思います。

それでも、取引開始時間以降、
“ずーっと広がったまま”
というのではなく、
途中、ちょこちょこスプレッドが
狭くなることもあります。

 

例えば、スプレッドが5以上開いていたのが、
一瞬、1~2pipsぐらいまで狭くなるので、
月曜朝一にトレードをするなら、
その瞬間を狙ってエントリーをしていくと
スプレッド分の損が減ります。

そして、スプレッドが狭くなる
タイミングが多いのが、
上記のランキング順になります。

 

その他の取引時間

ここまでは主要な海外FX業者の
月曜日の取引開始時間について
お伝えしてきました。

ついでなので、
その他の取引時間についても
簡単にお伝えしていきます。

 

クリスマスの取引時間

 

海外では年末年始よりも、
クリスマス休暇の方が重要視されています。

その為、海外FX業者のほとんどが
クリスマスには取引時間の縮小や
休場になります。

 

基本的には、欧州時間以降が
休場になることが多いので、

・12月24日:夕方16時ぐらいまで
・12月25日:丸一日休場

といった感じになっています。

 

詳しい取引時間に関しては、
FX業者から必ずメールがきます。

もしくは、ホームページ上で
必ず告知されるので、
そこで確認するのが確実です。

 

年末年始

 

年末年始の取引時間は、
遅く始まったり、
丸1日休場だったりと
意外にバラバラです。

 

基本的には、

・12月31日まで:通常営業
・1月1日:丸1日休み or 16時ぐらいから開始

といった感じになります。

 

しかも、
1月1日が始まる曜日によっても、
けっこう変わったりするので、
年末年始の取引時間は
その年によって違う事が多いです。

この年末年始の取引時間に関しても、
必ずメールが来るし、
ホームページ上でも告知されます。

クリスマスの営業時間と
同じタイミングで発表されます。

 

ただし、クリスマスや年末年始は
流動性が極端に低くなって
動きが鈍くなります。

その為、突然激しく動いたり、
スプレッドが広がったりするので、
この時期のトレードはしない方がいいです。

 

2019年なんて1月2日に、
フラッシュクラッシュなんて呼ばれる
暴落が起きて、
年始から強制ロスカットになった人達が
続出していましたからね。

 

この時はツイッターのトレンドが、
一時”ロスカット”であふれていて
かなり騒然としていましたからね。

流動性が低い状態だと、
このようにわけわからない動きをするので、
クリスマスや年末年始はトレードせずに
休んでいた方が絶対にいいです。

 

まとめ

今回は、主要な海外FX業者の
月曜日の取引開始時間について
お伝えしてきました。

基本的にほとんどのFX業者で
取引開始時間は変わらないので、
どこを使ってもいいと思います。

 

それでも、

「少しでも早く取引がしたい!」

といった場合は、
FBSかTitan FXを使うのがいいでしょう。

 

ただし、月曜の朝一は
スプレッドが広がって流動性も低く、
トレードが少しやりづらいので、
注意が必要になります。